カーシェアリングのデメリット

*
地域で選ぶカーシェアリング > カーシェアリングのデメリット

カーシェアリングのデメリット

ステーションが近くにあるとは限らない

カーシェアリングの認知度が上がり、カーシェアリングで利用できる自動車の台数が増えてきましたが、日本全国どこでも利用できるという訳ではありません。また、自宅から離れたステーションにバイクや自転車で行くことができても、バイクや自転車の駐輪場所に困る場合もあります。

予約の空きが無ければ利用できない

カーシェアリングで利用できる自動車の台数が増えてきたとはいえ、予約の空きが無ければカーシェアリングの自動車を利用することはできません。自動車を利用することが予め分かっている時は早めに予約することもできますが、突然の利用にはカーシェアリングでは対応できないこともあります。

車内で必要なものは利用の都度持ち込む必要がある

カーシェアリングの自動車は利用者間でシェアするものなので、私物を自動車の中に置いたままにすることはできません。小さい子どもが利用するジュニアシートならトランクの中に置いてある場合もありますが、チャイルドシートだと自動車の利用の都度持ち込む必要があるので、多少は面倒になります。

人気のカーシェアリングBEST3はこちら!